トーマスの料理日記20210106

料理日記

おはにちばんわ〜。

今日の夕飯はですねハンバーグにしました。

しましたと言うより、せざるを得なかったって感じです。

昨夜

ワイ「明日夕飯何しようかなぁ〜なんか食べたいものある??」

奥様「冷蔵庫に合い挽きミンチとぶりあるからそれ使ってぇ〜」

ワイ「(ワタシハナニガタベタイノカヲキイテイル)…分かりました!!おkです!!!!」

と、言うふうな感じのやりとりが昨晩ありまして、私の「何が食べたいか」の問いかけには一才触れずにハンバーグを作ることになったのです。

でも、やっぱりハンバーグが作れるって、ちょっとステータスに感じますよね。

私は感じます。

正月休みに藤原竜也主演の「ダイナー」と言う映画をみてから、ハンバーグ作れたらかっこいいな〜熊のハンバーグってすごいなぁ〜髪の毛長いの似合うなぁ〜俺も伸ばそうかなぁ〜とか色々思っていたところでしたので。

実にタイムリーなメニュー。

サラダはサニーレタスをちぎって、きゅうり切って、ミニトマト載せて完成。

南京は醤油、みりん、酒、砂糖、カツオだしで炊いて放置、完成。

スープは我が家大好き味覇で味つけて、玉ねぎのスライスとしめじを入れて、仕上げに溶き卵で完成。

ごま油を入れるの忘れました。

バターライスは炊飯器を開けたらイレギュラーな冷や飯があったので、バター引いて醤油と塩胡椒で少し味つけて、しそを入れて炒めて完成。

ハンバーグはクラシルみながら作ったんですが、なんせミンチが冷たい。

何度もういいかな??と思ったことか。

ですが、コネればコネルだけ柔らかくなると書いてあったのでメッチャこねました。

後はしめじを入れた、ソースを作って仕上げにかけて完成。

気づきはですね、ハンバーグに玉ねぎの微塵切りを入れるんですが、炒めてからまぜまぜした方がよかったですね。

家族の方は「おいしー」と言ってくれましたし、ハンバーグは柔らかくふっくら焼けたのですが、玉ねぎの食感が気になる…

みんな「全然気にならんけどなぁめっちゃおいしいでぇ」

ボンベロが少し憑依している私は、もう少しで藤原竜也さんバリの「あ”あ”あ”ぁぁっっちがうんだぁぁぁ」が出るところでした。

次ハンバーグを作るときは、玉ねぎをもっと微塵切りにして、飴色に炒めてからコネろう。

後、ちょっとおしゃれな食器が欲しくなってきたような…気が…

気のせいか…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました