業務スーパーのホワイトクランチチョコレートはカナリ美味しいです

世界のお菓子シリーズ

おはにちばんわ〜(●´ω`●)

チョコレート大好きトーマスです。

今回は毎年この時期になると現れるホワイトクランチチョコレートの紹介です。

最近急に寒くなって来ましたね。

朝も起きるのが辛くなってきましたねぇ、ぶっちゃけ寒くなくても、朝に弱くて起きるのが辛いんですが。

原材料

砂糖、ココアバター、全粉乳、シリアル(米粉、小麦粉、小麦麦芽、砂糖、小麦グルテン、グルコース、食塩)、ホエイパウダー、乳糖、乳脂肪、乳化剤、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

栄養成分

100gあたり

エネルギー 544kcal、たんぱく質 6.9g、脂質 31.6g、炭水化物 57.5g、ナトリウム 183mg

これ一枚をもし!もしですよ??

一人で食べてしまうと1000kcal越えか…

こえぇw

エネルギーの塊ですw

開けていきましょう

外のパッケージには「ベルギーから直輸入」また裏面には「クリーミーなミルクの風味と、香ばしいサクサクのシリアルが相性抜群のホワイトチョコレートに仕上げました」と書かれております。

ホワイトチョコレートのクランキーみたいな物か?それやったら絶対おいしいやぁん!!

とウキウキで購入。

外の箱を剥がしたらこんな感じで銀紙??に包まれています。

なぜ、チョコレートは銀紙で包まれているか理由を知っていますか??

チョコレートの香りが逃げない様にするためなんですって。

アルミニュウムには空気の出入りをさえぎる能力があるので、新鮮な状態、香りを保つために不可欠なんですね。

なるほどなるほど

早速銀紙を向いてみたら、重厚なホワイトチョコレートが謎の模様と共に姿を見せました。

一番下の子に「これなんの模様やと思う??」と聞いた所

娘「草…??あっ!葉っぱ??父さんはなんやと思う??」

ワイ「カブトガニが睨み合ってるんちゃう??」

娘「ぎゃははははははwwwっw」

ワイ(何がそんなに面白いのか…)

そんなやりとりをしながら。

ワイ「まだ食べたらあかんでぇ写真撮るから」(しかしマジで何の模様なんやろ?)とか思いながら写真を撮っており、裏返した瞬間に

裏面をみてトライポトフィア(集合体恐怖症)の二人戦慄。

娘「あっ!無理!きもい!」

シリアルがギッシリつまっていますね。

これは嬉しいですが、ハッキリ言ってゾワゾワします。

写真じゃちょっとわかりにくいですが、カナリ分厚くて大きいんです。

この時は室温が高かったんのでわりと簡単に割れましたが、チョコレートを冷凍庫に入れる習慣がある私は、翌日カナリ頑張って割りました。

マジでメッチャ硬いです。

割れ目??よりもっと小さく割りたかったんですが、凍ってて硬いし、力いっぱいで摘むから指のところだけ少し溶けて手につくわ、硬いわでちょっと困りました。

食べた感想は??

美味い。

見た目は、裏は気持ち悪いし表は謎の紋章あるしですが、本当に美味しいです。

ホワイトチョコレートの濃厚でクリーミーな味わいと、そこにザクザクのシリアル、美味しく無いわけがないですよね。

他のサイトでは、海外産特有の癖が無いとか、若干あるとか色々書かれていましたが、私はあまりわかりませんでした。w

これ1つ200g入りで税別275円なんですけど、一見ちょっとお値段高く感じますが、200gなんでね。

大体世に存在する板チョコで50g〜60g入りで70円から100円ぐらいなんで、高くないです。

それよか本間に若干ですが安いかもです。

疲れた時は甘い物。

寒い時はチョコレート。

あ、あとコーヒーで、至福の瞬間です。

暖かくなってしまうとチョコレートの商品が消えてしまいますので、お早めに。

これはオススメです、集合体恐怖症の方は裏を見ない事をお勧めします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました