業務スーパーのジャンボ焼き鳥ぐしは大きくて食べ応えあり!!

冷凍 鶏肉

おはにちばんわ。

トーマスです|д゚)

今回は業務スーパーの強み、冷凍食品からジャンボ焼き鳥串の紹介です。

業務スーパーの冷凍焼き鳥は、個人的には当たりの商品が多いので、今回はカナリ期待して購入しました。

以前の鶏皮も好評でしたので楽しみです。

今回もバイト先で調理して、店長にそのまま差し入れて一緒に食べたいと思います。

原材料名

鶏もも肉、タピオカでん粉、しょうゆ(小麦・大豆を含む)・砂糖、みりん、醸造酒、しょうが汁、酵母エキス、食塩/ポリリン酸Na、増摘材(デンプン、キサンタン)酒精、調味料(アミノ酸)着色料(カラメル)

栄養成分

1本当たり

エネルギー・・・56kcal

タンパク質・・・7.3g

脂質・・・1.5g

炭水化物・・・2.6g

食塩相当量・・・0.4g

「塩にもタレにも合う様に、下味を薄くつけております。お好みの味付けで食べ応えのあるジャンボ炭火焼き鳥串をお楽しみください。」と、よくわからない謳い文句が書かれていますが、次行きましょう。

開封!!!!

この適当に入ってる感じが業務スーパーっぽいですねw

まぁ綺麗にならんでたとしても、隣同士凍ってひっつきまくっているより、使い勝手は良さそうですが。

バーベキューの時や外で使ったりする分には、逆にこの適当な感じがいいのかもしれません。

冷凍されている状態で、所々に焦げ目がちょっとついてる。

加熱調理済って事ですね。

原寸大と比べた感じほぼ同じでした、原寸大を記載すると言う事は、大きさにカナリの自信がおありと言う事ですね?

業務スーパーの焼き鳥は個人的に当たりが多いから、これはめっちゃ楽しみだ(´◉◞౪◟◉)

食べ方、調理法

裏面には電子レンジ調理の場合しか記載されていませんが、500wの場合1本あたり約1分半ですね。まぁレンチンほど簡単な調理法はないですよね?

そこがまた良い。

今回は鉄板で焼きます。

と言うかバイト先で電子レンジがないので、そのまま鉄板で焼かせていただきますw

見返りがあると思っている店長に、許可を得ていざw(。-`ω-)

焼けてきましたね〜

裏返してさらに焼いていきます。

美味しそう( *´艸`)

ただ焼いているときに、気づいたのですが、先にレンジでチンしてからの方が絶対に早いですw

そのまま焼くと、時間がかかる!!

でも、焼いた方が絶対美味しいと思います。

なので、レンチンしてからちょっと焼くのが良いと思います。

完成

一つ一つのお肉はそんなに大きくないですが、確かに大きいです、食べ応えのある商品ですね。

今回は仕上げに塩を振って食べましたが美味しかったです。

店長も「これ美味いなぁ~これ何?焼き鳥?」これ何?って何?w

お肉はちょっと柔らかめでしたが、個人的には全然問題なかったです。

これで20本入って税別980円でしたら安いですね。

1本50円前後ですのでコストパフォーマンスはカナリいいですね。

スーパーの総菜の焼き鳥でも、そこまで安くないですからね。

まぁ手間は少しかかりますが、それでも圧倒的に安いとおもます!!

バーベキューの時やお家でパーティーの時なんかには良いんじゃないでしょか?

オススメです(*´ω`*)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

完全無料で、話題のニュースがすぐに読める【スマートニュース】

コメント

タイトルとURLをコピーしました